FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ジャンゴ 繋がれざる者 

20130301.jpg
ジャンゴ 繋がれざる者
監督:クエンティン・タランティーノ
『Django Unchained』
(2012年 アメリカ)


時代は南北戦争が始まる二年ほど前。
黒人奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、元歯科医でドイツ系賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)に協力することを条件に奴隷の身から解放される。
ジャンゴには、同じく奴隷の妻がいたが、奴隷の身の結婚は許されず、雇い主によって別々の場所へ売り払われる途中だった。
シュルツから賞金稼ぎの手ほどきを受け、パートナーとなったジャンゴ。やがて、シュルツの協力で、別れ別れになった妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)の居場所を突き止める。
彼女を取り戻すべく、サディスティックな農場主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)を相手にジャンゴとシュルツの救出劇の闘いが始まる。

<澱みなく「面白かった!」>

タランティーノ作品が好きなのもあるけれど、観終わって一言「面白かった!」。
いい作品かどうか、なんて理屈抜きで「面白かった」と言える映画はそれだけで劇場に行った甲斐がある。『ジャンゴ』は澱みなく面白かった。

ジャンゴといえば『続・荒野の用心棒』。
タランティーノのジャンゴは黒人奴隷。ここから先はあまり暴露すると、これから観る人の楽しみを奪うので、今は書かないことにしよう。

それにしても、端の端まで役者が揃っていて無駄も隙もありゃしない。
出ている人たちがこぞってノリノリで役に嵌っているかに映る。
とくに際立っていたのが、レオくん(ディカプリオ)とサミュエル・L・ジャクソン。
レオくんは『タイタニック』のジャックを中年にして、あの若きジャックを思い出させるような表情と仕草で悪役を演っているし、サミュエル・L・ジャクソンは言葉を喋る知的ゴリラの形相。着ぐるみなしの猿の惑星か!誰だか分からなかった。
サミュエル・L・ジャクソン演じる奴隷頭の姿から『猿の惑星』を思うのは、たぶん間違いじゃない。
種が違うだけで、支配されるか、する側になるか。タランティーノふうに奴隷制度の人種問題を扱う作品の中で臭わせている感がある。

これまでのタランティーノ作品が武道館公演で受けていたとすれば、今回は東京ドーム版にバージョンアップした印象。大衆向け路線が入っている気も若干するが、観終わったあとの満足感は洗練された集大成を見せられたからだろう。

映画はおススメしない主義なので、おススメはしない。
ただ一言、わたしの感性で言いたい。
これは面白かった!

さて、前作の『イングロリアス・バスターズ』が、家族を皆殺しにされたユダヤ系フランス人女性と、ユダヤ系アメリカ人秘密部隊によるナチス・ドイツ人退治だったわけだが、第二次世界大戦から南北戦争前に時代を変え、ユダヤ人差別を奴隷制度に置き換えたのが『ジャンゴ』じゃないか!

ちなみに、黒人奴隷ジャンゴに自由をもたらし、彼の闘いに力を貸すドイツ系賞金稼ぎ役のクリストフ・ヴァルツは、『イングロリアス・バスターズ』では、冷酷残忍な「ユダヤ・ハンター」ハンス・ランダ大佐を演じている。
それを今回は、黒人奴隷が酷い仕打ちに合うのを見るに耐えられず体を震わせ嫌悪する人物に転じさせているのだ。それも元歯科医。ナチスの拷問に歯の神経を責めるというのがあったのを思い起こす。

種の違いによる人種差別。
「差別はいけない」と簡単に片付けられるなら、歴史上に人種による問題は起こっていない。
種類が違えば違ったように扱いたい習性。それが人の中に存在することを簡単に否定はできないのだ。

「面白かった!」と言わせるエンタテイメントな作品の中で直接的に訴えてはいないが、時代と場所、価値観と立場によって、人間は正義の側にも残忍な行為をする側にもなり得てきたことを、前作との繋がりを含めて示唆しているのではないだろうか。
と、勝手な深読みが楽しめるのもタランティーノ作品であるが故なのだ。

 イングロリアス・バスターズ

TOPページ 記事一覧
関連記事

[edit]

trackback: 0 | comment: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://ioron.blog18.fc2.com/tb.php/122-b9363197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。