FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

崖の上のポニョ 

82
監督:宮崎駿
(2008年 日本)


ぷかりふわりとクラゲに乗って、月の光を浴びるポニョ。

 あんなこと、してみたーい!

わたしの中の女の子玉(おんなのこだま)が叫んでしまう。
早くもこの段階でスクリーンの海に引き込まれている。
海の水もちょっぴり飲んでいて、潜っているときの水流の感覚まで甦ってくる。
またもや宮崎アニメの魔法にかかってしまった。

崖の上の一軒家に住む宗介。タカタカタカっと裏口から海へと崖を下りて来る。
波打ち際で瓶に填まったポニョを見つけ、助ける宗介の足を捕らえようとする波。
この生きてる波の描写が、海の怖さを思い出させる。と同時に、ジェントルマンな少年と金魚娘をめぐる不穏な展開を予期させる。

この作品がアンデルセンの「人魚姫」をモチーフにしているのは容易に想像はつくだろうが、スクリーンに現れた“金魚娘・ポニョ”を見るに、耐え忍んだり悲嘆に暮れる姿など微塵もない。
好奇心の本能丸出しの面構えは無邪気であり、ふてぶてしくもある。
「デブ金魚!」と言われて水鉄砲の報復を食らわすあたり、「自分が自分であって何が悪い!」との主張が頼もしい。この生命力、魂の強さが、ポニョの魅力なのだ。

<一途に我がままに、女の子玉がゆく>
ポニョの台詞は、我が意を表すまま。

 こんなのイヤ~!
 行く~!
 好き~!

歳がいもなく女の子玉が強いと言われる我が日常の台詞に近いぞ。困ったものだ。

“我がまま”とは、我が意を得ること。
一般的には「我が儘はいけない」と教わって、我慢が善いことのように刷り込まれる。
他人のことを考えなさい、自分の都合だけを考えて行動するのはいけない、我慢するこを覚えろ、と。
それは間違ってはいない。けど、「我が意」を曖昧にして、習い性の我慢を身につけてしまうと自分を見失うことになりかねない。

何かを果たすために辛抱するのが我慢。
相手あるいは状況を受け入るために、自分(我)を抑制するのも我慢。
しかし中には、前へ進むことを諦めている我慢もあれば、変化の逃げ道とする我慢もけっこうあるのではないだろうか。
“何だかよく分からないけど我慢”している感覚が自分にあるなら、何のための我慢の感覚なのか向き合ってみたらいい。
本人が周りのためにしている我慢が、案外、しなくていい我慢であったりもする。我が儘ではないつもりの我慢が、周りにとっては、その代償を求められたり八つ当たりされたりで有難くないかもしれない。
もともと我慢は、我(自分)の執着が起こす慢心のこと。“我が儘”の我(が)と共通しているところが面白い。

 人間になりたい!

ポニョの思いは我が儘なのか?
生きる原動力の我がままが、人間界にとっては凶暴な荒波を味方につけポニョがやって来る。

 タッタッタッタ タッタッタッタ

波を従え、波に乗り、走るポニョに悲壮感は微塵もない。

 いたー! 宗介、いたー!

歓喜の声が聞こえてしまう。
ポニョが、たびたび電池切れを起こしてネムネムになってしまうのは大変だからだね。何しろ、金魚が人間になろうとしているのだもの。

前半でなぜか泣けてきて、後半はポニョと宗介を応援して、
えー、もう終わりィ!?
思わず口にした1時間41分。

さて、ポニョに通じる女の子玉を隠し持つわたしが思うに、ポニョは絶対にハムよりベーコン派。ベーコンの味を覚えてしまったら、脂ッけの少ないハムでは物足りなくなるだろうな。

TOPページ 記事一覧
スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0 | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。